TOP > 一戸建て > 一戸建てを売るには何をすればいい?基本的な知識

一戸建てを売るには何をすればいい?基本的な知識

【更新日】2019-12-06
このエントリーをはてなブックマークに追加
一戸建てを売るには

所有する一戸建てを売るには、まず何をするかを知る必要があります。

不動産会社に一任をすることもできますが、それだとお得に売れたかどうかが分かりません。

特に目標価格を設定している人は、達成の道筋が立てられないので失敗する可能性が高いです。

今回は、一戸建てを売るにはまず何をすればよいのか、基本的な知識を紹介していきます。

一戸建てを高く売却するコツ!売る手順と知っておきたい5つのポイント

一戸建てを売るにはまず流れを知ろう

一戸建てを売るには、まず流れを知る必要があります。

一戸建て売却の流れは、こちらの6ステップとなります。

  1. 相場調査
  2. 査定依頼・業者選び
  3. 媒介契約
  4. 販売活動・内覧
  5. 売買契約
  6. 引き渡し・決済

最初に流れや手続きを知っておくことで、スムーズに売却を進めることができるようになります。

売却手続きの完了まで平均3~6か月かかる

一戸建てを売るには、だいたい3~6か月かかります。

6か月を超えても売れていないようなら、売れ残りを自覚して値下げをするといった対応をしていきましょう。

また、一戸建て売却にかかる期間はエリアによっても異なります。

都内の一等地なら2か月前後で売れるケースも多いですが、地方の郊外になると1年以上経っても売れないケースはザラにあります。

周辺の一戸建ては売れるまでどれくらいの期間を要しているのか、不動産会社に聞いてみましょう。

一戸建てを高く売るには不動産会社選びが重要

一戸建てを高くスムーズに売るためには、不動産会社選びが重要になります。

業者の仲介で売る場合、ほとんどの作業を仲介業者が担当します。

つまり、自分が「高く売ろう!」と意気込んでいてもダメで、高く売ってくれる業者を見抜いて契約する必要があります。

高く売ってくれる業者のポイントは、一つには査定額が高いことですが、その他にも会社の規模や営業マンの人柄など様々あります。

複数社を実際に比較してみて、一番よいと思ったところと契約することをおすすめします。

賢い不動産会社選びのコツ

実際に査定額が出たら、その金額で業者をある程度絞り込めると思います。

絞り込んだ業者を更に1社に絞り込むためには、実際に来店して話し合う作業が不可欠です。

その際、どこを意識すれば良いのかを解説します。

査定額の根拠をチェックする

不動産会社の査定額はバラバラになることが多いです。

これは、不動産会社によって参考にするデータや評価するポイントが違うためです。

この金額は「うちならこれくらいで売れる」という私見なので、実際の成約価格とズレがあっても罪には問われないのです。

査定額の根拠を「この金額はどうやって算出したんですか?」と直接聞いてみましょう。

もし根拠が曖昧なら、契約を取るために高く査定額を吊り上げていた可能性もあるので注意が必要です。

担当者が頼りになる人かをチェックする

一戸建てを売る際は、不動産売却の実績はもちろん、財務・法務の知識も必要になってきます。

相手に良い物件ということを伝える営業力、信頼される人間力も重要になってくるでしょう。

査定額だけでなく、そういった点もしっかり見抜けるかどうかが重要なポイントです。

まずは話していく中で誤魔化すことなく、売却のデメリットもしっかり伝えてくれること、専門用語を多用せず、わかりやすい言葉で説明してくれることをチェックしましょう。

どのように売却する予定なのかを聞く

一戸建てをどのように売るかは、不動産会社によって異なります。

紙のチラシを使うところもあれば、ネット広告を多用するところもあるでしょう。

売却のプランを聞いてみて、素人目から見ても明らかに売れそうにないと判断したら、その業者とは契約しないようにしましょう。

一戸建てを売りはじめてから何をすればいい?

業者と契約を結んだら一戸建ての販売がスタートしますが、その際全てを業者に依頼するのはよくないです。

まずは業者がしっかりと販売活動にいそしんでいるか、定期的に連絡をしてチェックしましょう。

その他にも、売主自身が一戸建て売却成功のためにできるポイントはいくつかあります。

ここから、一つずつ解説していきます。

一戸建ての清掃・整理整頓をする

一戸建ての清掃・整理整頓が行き届いていると、買ってもらえる可能性が高まります。

不動産会社には「これじゃ売れない」など厳しい言葉をかけられることもありますが、買主は不動産に関しては素人なので、片付いていて見栄えが良い物件なら条件が悪くても買ってもらえる可能性が高いです。

特に玄関、水回りなど第一印象に関わる部分はしっかり清掃しておきましょう。

水回りに垢が付いていると一気に古い印象を持たれるので、プロのハウスクリーニング業者に依頼するのも一つの手です。

内覧は明るく・気持ちよく対応する

宣伝活動の成果が出てくると、内覧を希望する人が応募してきます。

この内覧をクリアできるかが成約を取るには重要なポイントです。

まず、内覧の時間帯は13時頃がおすすめです。

晴れの日であれば自然光が入り、物件が明るく広く見えます。

電気が古く感じるなら、明るく見えるものに取り換えておいても良いでしょう。

また、全ての窓を開け切って換気をしておくことも忘れずに。

最後に、周囲がうるさいと印象が悪くなるので、人通りの多い時間帯は避けましょう。

一戸建てを売ると税金・費用がかかることを忘れずに

一戸建てを売ると、こちらの税金・費用が発生します。

  • クリーニング費用
  • 簡易リフォーム費用
  • 物件調査費用
  • 印紙代
  • 仲介手数料の半金
  • 引っ越し費用
  • ローンの一括返済手数料
  • 抵当権抹消登記費用
  • 譲渡所得税
  • 住民税

ここからは、一戸建てを売る際にかかる税金・手数料を順番に紹介していきます。

契約までにかかる費用

  • クリーニング費用
  • 簡易リフォーム費用
  • 物件調査費用

状況によっても異なりますが、売却価格の1割ほどを引かれるケースも少なくないので注意しましょう。

売却益をシミュレーションする際は、必ず税金・費用も鑑みて価格を算出する必要があります。

一戸建て売却にかかる税金・手数料を完全網羅!価格の1割が引かれる?

一戸建てを売るにはプロ並みの知識は不要!全体像は把握しておこう

一戸建てを売る際は、不動産会社並みの知識は不要です。

税金計算や販売営業などの専門的な事柄は、プロの不動産会社に任せるようにしましょう。

ただ、優良な不動産会社を見抜くためには、売主も基本的な知識を抑えておく必要があります。

こちらの記事を参考にするなどして、手続きの全体像を把握しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

一戸建てを売る!売却の方法・注意点を築4~10年の築浅住宅から築40年の築古住宅までケース別に解説
一戸建ての売却方法を築年数ごとに解説!価格は築年数とどう関係するのか、高く売るにはどうすれば良いの…
一戸建ての査定方法を解説!価格が決まる要素はたったこれだけ!
一戸建ての査定方法について徹底解説!建物部分と敷地部分に分けて査定額が決まる要素を分かりやすく紹介…
一戸建て査定を匿名で依頼!おすすめの匿名サイトと匿名査定の注意点
一戸建てを匿名で査定依頼することはできるのでしょうか?今回はおすすめ匿名サイトと方法、注意点を解説…
一戸建ては売る前提で買うべし!将来売れる戸建て住宅の選び方
一戸建ては売る前提で買うことがこれからの時代には求められます。今回は将来を見据えた戸建て選びのポイ…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…