TOP > 土地を高く売る

土地を高く売る

このエントリーをはてなブックマークに追加
土地を高く売却するためのお役立ち情報を紹介しています。
農地
2017.08.01
農地を減らすことは政策に影響を与えるため、簡単に更地にして売却することはできません。

転用という方法もありますが、これをおこなうためには条件をクリアする必要があります。

土地とアパート
2017.07.31
土地を売却するときにアパートが建っていた場合、処分に迷うことでしょう。そんなときは、しっかりと査定を受けることをおすすめします。アパートはイメージ以上に高額で売れるものもあるので、査定をしないのはもったいないですよ。
新しい町の家並み
2017.07.28
分譲された土地は、区画が整理されているといったメリットがあります。隣との距離が近い分、買い手は近所付き合いを気にするので、普段から関係を良くしておきましょう。
田舎の土地
2017.07.28
田舎の土地を相続・贈与されたが使い道がないから売りたいと思ったときに確認しておきたい5つのポイントを紹介していきます。
土地を更地にする車
2017.07.24
不要な土地は、ただ処分するよりも売却するのがおすすめです。しかし、売却は期間がかかり、その分税金が課されるといったデメリットがあるので、利益を予測して対応しましょう。
売却される土地
2017.07.24
土地は他の不動産に比べて特殊なので、損をしないような対策が必要です。特に、土地の価格は国が決めるので、売り出しタイミングを間違うと大変なので気をつけましょう。
住宅街の空き地
2017.07.24
土地は、さまざまな評価基準が存在しています。そのため、多くの方法を使って価値を計測することが重要です。
電卓とお金
2017.07.24
土地を売却する際にかかる税金がよくわからないという方へ。消費税増税を踏まえて、売却を急ぐべきなのかお教えします。
売り出された国有地
2017.07.20
土地は家やマンションに比べて個別性が低いので、査定額と売却代金に差が出にくいです。ただ、査定の方法が独特なので注意しましょう。
売られている土地
2017.06.30
土地を売却することでどのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておくと決断もしやすいです。ここでは不要な土地を持つ人に向けて土地を売却するメリット・デメリットについてお話します。
日本の土
2017.06.30
土地を買ってくれるのは個人や法人だけでないことをご存知でしょうか。様々な理由から国に売却できる場合もあります。このページでは土地が売れずに悩んでいる人に向けて、土地を国に売却できる場合についてご紹介します。
山野土地
2017.06.28
土地売却の中でも、山・山林は流れが少し特殊なので、事前にチェックする必要があります。売却方法が多岐にわたるという利点もありますが、税金が余計にかかる、境界測定に時間がかかるといったデメリットもあるので注意しましょう。
売却される土地
2017.06.15
共有名義の土地は、権利が分散されて売却するときは困難な点があります。共有者の了解を得て売却を進めるのが理想的ですが、持ち分を売る、分割して売るという方法もあるので、共有者の意思を踏まえた上で良い方法を選択しましょう。
競売予定の区画
2017.06.14
土地が売れない原因は、価格が高い、管理が行き届いていないといったポイントが想定できますが、かかる税金が家やマンションより高いので、利益にこだわるのは危険です。まずは損失を防ぐという意識を持ちましょう。
東京の土地
2017.06.13
東京の土地相場は、地方と比べるとかなり高くなっています。また、東京の土地情報に詳しい不動産業者も複数いるので、細やかな対応と大規模な宣伝を受けることも可能です。
営業マンとミドル夫婦
2017.06.07
不動産売却は仲介業者選びが何よりも重要ですが、土地売却は手続きが複雑なので、特に重要になります。選び方としては相場をまず調べた上で具体的な目標額を設定することをおすすめします。
住宅模型と電卓
2017.06.06
土地の査定方法は簡易査定と訪問査定の2種類があります。簡易査定は簡単におこなえる一方、実際の状況が反映されません。訪問査定は詳しい査定をしてくれる一方、時間がかかってしまいます。2つを上手く使い分け、短所を補いましょう。
不動産イメージ2
2017.06.06
土地の見積もりは、不動産会社が運営している情報サイトや国土交通省のサービスを利用するのがおすすめです。より正確な価格を調べたいのであれば、一括査定サービスを利用すると、複数業者の査定を比較することができます。
空き地
2017.05.30
土地売却に関する注意点は、大きくわけて、土地について詳しく知ること、コスト負担について明確にすること、タイプの違う業者を比較することの3つがあります。これらを意識することで、円滑な売却が可能になります。
更地の土地
2017.05.30
土地売却時には、更地よりも整地を行った方が、新居購入者の需要は高いです。ただ、こうした作業は常に良いわけではなく、課税額の増加などを踏まえて計画する必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加