TOP > マンションを高く売る > 宮城・仙台のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント

宮城・仙台のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮城・仙台のマンションを売る

マンションを売るなら、不動産会社に仲介してもらうか、直接買取を依頼することになります。

いずれの場合でも、オーナーは保有物件の価値を把握し、相場を知る必要があります。

売値の交渉を有利に進め、提示額について意見をぶつけることができるようになるからです。

宮城県内のマンションを売却する場合、査定相場はどう変化しているのでしょうか。

人口密集地である仙台市を中心に紹介し、高値で取引するための要点を解説します。

マンションを売るタイミングは3つのポイントで見極める!2020年までが売り時?

宮城・仙台のマンション売却査定の動向

宮城県は東北地方にしてはあまり雪が降らず、関東などに比べれば夏も過ごしやすいことから暮らしに向いた地域です。

なかでも仙台市は利便性の良さから人気があり、マンション価格に反映されてきました。

今後も需要の高さに牽引され、マンションの価格も高値が期待できます。

マンションを高く売るコツ!確実に高額売却するための11ヶ条

マンション取引が盛んなのは仙台市周辺

仙台市は仙台駅を中心として東西に二分されます。

西側は「元城下町エリア」で、仙台市の顔と呼ぶべき地域です。

青葉区、泉区、太白区がそれぞれ小都市圏を形成しており、人気が高いことから、マンションの取引が盛んにおこなわれています。

東側は古風な趣が残っているものの、区画整理や再開発が活発に進められてきました。

宮城野区と若林区はIT企業が集中しており、土地の価格も上昇しています。

堅調に取引が伸びていくと予想されます。

マンション査定の方法ガイド!高く売るポイントと失敗しない注意点

石巻市・大崎市は一戸建ての売買が盛ん

石巻市の人口は、仙台市に次ぐ第2位です。

主要産業は漁業ですが、中心部には商業施設も多く、各種の取引が活発におこなわれています。

大崎市は人口第3位で、1市6町が合併されて誕生しました。

多様性を持つエリアとして人気を得ています。

両市に共通しているのは、電車やバスといった公共交通機関の利便性が良く、住みやすい環境に恵まれているという点です。

そのため、マンション需要があまり高くなく、一戸建ての売買のほうが盛況です。

宮城・仙台のマンション売却査定相場

仙台市は宮城県の県庁所在地であり、東北地方で唯一の政令指定都市です。

城下町として名を馳せ、古くから人が集まる地域でした。

現在でも政経と学術の中心地として栄えており、通勤や通学の利用者が多く入りこむエリアです。

地価が高く、マンション価格に反映されてきました。

マンション全体の平均売却額は1,768万円で、ほかのエリアより高い相場が形成されています。

仙台市青葉区のマンション売却査定相場

青葉区は江戸時代から仙台の中心地でした。

区の総人口は約30万人ですが、昼間人口は10万人も増加します。

企業や行政機関、大学などが集中しており、通勤通学者が多いためです。

東北新幹線や東北本線、仙石線、地下鉄が利用できるうえ、東北自動車道の仙台宮城インターチェンジも備わっていることから、通いやすく利便性に恵まれています。

土地の取引件数にも反映されており、マンション平均売却額は1,972万円です。

仙台市を構成するほかの4区よりも高額であり、中古マンション市場も活況です。

仙台市泉区のマンション売却査定相場

泉区は、政令指定都市になるまえから人口が多かったエリアで、現在は仙台市の副都心的な存在です。

地下鉄を利用できることはもちろん、ショッピングセンターや遊興施設に恵まれているため、生活しやすく、ベッドタウンとしての機能も果たしています。

市営地下鉄南北線が泉中央線まで延びたことでさらに発展し、小都市圏を形成してきました。

駅に近い泉中央のマンション価格がほかのエリアを圧倒し、高級住宅地の桂や高森が続いています。

平均売却額は1,644万円です。

仙台市宮城野区のマンション売却査定相場

宮城野区は仙台市の北東部に位置しており、太平洋に面していながら、北部には山間部が広がるという特徴的なエリアです。

プロ野球チームのホームグラウンドがあるほか、仙台うみの杜水族館や仙台アンパンマンこどもミュージアムといった観光・レジャー施設に恵まれていることから、経済効果に期待がかかります。

平均売却額は1,967万円です。

中古マンション市場では、築3年未満の物件数が増加し、築40年以内の古い物件数が減少しているため、高値で取引されています。

宮城・仙台のマンション売却査定価格の推移

中古マンションの価格相場は1,710.3万円となっています。

これは中古マンションの相場が堅調に推移していることを表しており、事実、売買数も大幅に増加してきました。

中古マンションの相場を引き上げている要因として、専有面積が広い築浅の物件に人気が集まっていることがあげられます。

住環境に恵まれているため、ファミリー層やリタイア層に人気があることや東日本大震災の復興需要の高まりで投資物件としての価値が上がったためです。

最新の平均売却価格は約1800万円

仙台市内の物件は売却額に差があるのが特徴で、平均売却価格は約1800万円です。

宮城野区の榴ケ岡(最寄り駅は榴ケ岡駅)や青葉区の八幡(最寄り駅は川内駅)、若林区の伊在(最寄り駅は六丁の駅)にある築15年未満の物件が2600万円から3800万円で売却され、相場を牽引しています。

一方、間取りが2LDKのマンションでも売却価格が500万円に届かない物件があり、相場を押し下げています。

いずれも駅距離は近いものの、築年数が40年以上です。

修繕費などを考えると、自用はもちろん、投資用の物件としても魅力を失っているからです。

震災復興とともに相場も上昇中

仙台市内の公示地価は、1990年のバブル崩壊や2008年のリーマンショックで急落しました。

底値を経験したあとは、徐々に持ち直し、上昇トレンドを形成するほど回復していきました。

しかし、2011年3月11日に巨大地震が街を襲い、マンション市場も大打撃を受けました。

2012年の政権交代により発足した新内閣のもとで復興予算が組まれ、景気の回復も後押したことで、マンションの売却相場はしだいに上昇しています。

宮城・仙台のマンションを高く売るポイント

仙台市は利便性が良く、人気が高いため、マンションの成約数が多い地方都市です。

ただし、マンションの売却価格はエリアによって差が大きいという特徴があり、仙台市内で売却を計画しているオーナーは、そのエリアの相場を把握しておく必要があります。

仙台市は5つの区に分かれていますし、区内でも地域によって特色が違います。

それぞれの地域に根差した準備をすれば、納得できる売却が可能になります。

①マンションの売却相場を把握して売る

仙台市は、企業、行政機関、大学や専門学校、商業施設などが集中しています。

公共交通機関も発達しているため、人気があり、新築だけでなく中古マンションの成約数が多いエリアです。

築浅や駅距離が近い物件の相場は上昇していますが、築40年以上の物件では売却価格が数百万円というものもあります。

これらの古いマンションは、全取引物件の60パーセント強を占めており、今後も割合を増やす傾向にあります。

この売却相場を把握することで、不動産会社との売値交渉が有利になりますし、直接買取を依頼する場合も提示された金額が良心的なものかどうかを判断できます。

②地域に根差した売却準備をする

仙台市は、仙台駅や東北新幹線を境にして東西に分かれています。

仙台駅の西側に位置する青葉区、泉区、太白区がマンションを売却しやすいエリアです。

城下町があった地域で人気が高く、現在も政経の中心地として機能しているからです。

とくに青葉区では、中古マンションの売買数が50パーセント以上も増加しています。

東側に位置する若林区と宮城野区は、ほかの3区と比べるとマンションの平均価格や平均坪単価が低くなっています。

ただし、IT企業の誘致が進んでいることやプロ野球球団の本拠地があることなどから、今後の経済成長が見込めるエリアでもあります。

これらの現状と将来性を踏まえた売却の準備が必要となります。

宮城・仙台のマンション売買関連情報

100万都市である仙台市では、高い人気を背景に、中古マンションの取引価格が堅調に推移してきました。

それに加えて、市の中心部には新築マンションの大量供給が予定されています。

世帯数が増えていることから住宅需要が上昇すると見込まれているからです。

また、ここ数年で空き家率が改善されてきたため、マンションの売買市場は活発さを堅持するものと予想されます。

取引されたマンションの平均専有面積は61㎡

泉区と太白区は、仙台市全体のマンションの平均専有面積である61㎡を上回っています。

平均専有面積を押し下げているのは青葉区、若林区、宮城野区です。

3区は仙台市でも地価の高いエリアだからです。

若林区は、政経の中心地である青葉区に次いで地価の高さが2番目です。

区内に大きな山地などがないため人口密度が高く、中心地と郊外で地価に大差がないという特徴があります。

宮城野区は第3位であり、仙台市の土地単価の平均よりも高くなっています。

取引されたマンションの平均築年数は約22年

青葉区、泉区、太白区、宮城野区のマンションの平均築年数は19年から22年ほどです。

仙台市全体の平均築年数である約22年を超えるのは、若林区の28年だけです。

これは、比較的古いマンションでも人気が高く、活発に売買されていることを意味しています。

若林区は隣接する青葉区に比べると手ごろな中古マンションが多いのが特徴的です。

普段から自家用車を多用するユーザーなら郊外型のマンションでも問題はないため、青葉区の高い物件を選ぶより、若林区のリーズナブルな物件を選ぶ傾向にあるのです。

宮城・仙台のマンション売却査定におすすめの業者

  • 三井のリハウス 仙台駅前センター
  • 住友不動産販売 仙台営業センター
  • 東急リバブル 東北支店仙台センター
  • 総合エステート
  • 日本住宅流通

①三井のリハウス 仙台駅前センター

「三井のリハウス仙台 駅前センター」は、仙台市青葉区国分町に本社を置く不動産会社です。

個人・法人向けの不動産仲介事業をメインに活動しており、駐車場事業や販売委託事業、賃貸事業にも携わっています。

保険の代理店業務も増えてきました。

三井のリハウスで不動産売却・査定をした方の評判・口コミと仲介手数料

会社名 三井不動産リアルティ東北株式会社
本社所在地 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目1番1号仙台第一生命ビル4階
設立 1992年9月22日
免許・登録 宮城県知事(7)第3998号

②住友不動産販売 仙台営業センター

住友不動産販売で不動産売却・査定をした方の評判・口コミと仲介手数料

「住友不動産販売 仙台営業センター」は東京都新宿区西新宿に本社を置く不動産会社です。

東北ブロック第1号店として地域密着型の営業活動をモットーにしてきました。

不動産に関わる事業全般に携わっており、物件の売買情報については、その豊富さと鮮度にこだわっています。

会社名 住友不動産販売株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1
設立 1975年3月1日
免許・登録 国土交通大臣免許(12)第2077号

③東急リバブル 東北支店仙台センター

東急リバブルで不動産売却・査定をした方の評判・口コミと仲介手数料

「東急リバブル 東北支店仙台センター」は東京都渋谷区道玄坂に本社を置く不動産会社です。

経験豊富なスタッフを揃えており、権利関係の難しい不動産に強みを発揮するだけでなく、ファイナンシャルプランナーの無料相談も用意しています。

会社名 東急リバブル株式会社
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
設立 1972年3月10日
免許・登録 国土交通大臣(11)第2611号

④総合エステート

総合エステートは仙台市青葉区にある不動産会社です。

不動産に関わるプロフェッショナルとして幅広いニーズに応えることをモットーにしています。

メイン事業はオフィス仲介であり、アパートやマンション、事務所、駐車場などの賃貸をはじめ、新築や中古物件の売買もおこなっています。

会社名 株式会社総合エステート
本社所在地 宮城県仙台市青葉区宮町2丁目3-3
設立
免許・登録 宮城県知事免許(5)第4569号

⑤日本住宅流通

日本住宅流通で不動産売却・査定をした方の評判・口コミと仲介手数料

日本住宅流通は大阪府大阪市北区に本社を置く不動産会社で、宮城県では仙台市泉区に営業所を構えています。

住宅や土地活用で全国展開している大和ハウスグループとしての強みを生かしながら、「仲介」「買取再生」「賃貸管理」をメインに活動しています。

この3つの事業を支えるリフォームやリノベーションにも力を入れており、多様なニーズに応えられる経験豊富な担当者を配しています。

会社名 日本住宅流通株式会社
本社所在地 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-800号
設立 1978年2月15日
免許・登録 国土交通大臣(11)第2608号

宮城・仙台のマンション売却にかかる税金・費用・手数料

売却に際して支払いが必要な税金には印紙税があり、物件の売買価格によって税額が決められています。

マンションを売る時にかかる税金・費用・手数料を徹底解説!計算方法と特例控除

必要費用としては、廃棄物の処分費や敷地の測量費をはじめ、建物の解体費、ハウスクリーニング費があげられます。

物件にローンが残っているなら抵当権抹消登記にかかる費用も要ります。

さらに、仮住まいが必要な場合は、旧居から仮住まい先までの引っ越し費用に加え、仮住まい先から新居までの引っ越し費用も要るため負担が増えます。

マンションを売るときは、不動産会社に仲介してもらうか、直接買取を依頼します。

仲介には手数料がかかり、その金額は、宅地建物取引業法で上限が設定されています。

売買契約時と引き渡し時に半額ずつ支払うのが一般的です。

不動産売却の仲介手数料はいくらが相場?なぜ払うの?根拠・計算方法

宮城・仙台のマンション売却の口コミを紹介

マンションを購入するきっかけや目的は様々ですが、売却する場合も同じです。

どのような経緯で売ることになったのか、滞りなく売却活動を進めることはできたのか、満足する結果は得られたのか、といった内容に焦点を絞り、多様なケースを取り上げてみます。

仙台市青葉区でマンション売却をした方の口コミ

独身時代に投資物件としてマンションを購入しました。

青葉区のなかでは中心部から離れていますが、一括査定サイトを利用してみると、ほかの4区よりも地価の上昇率が高いことがわかりました。

そのなかから相性の良さそうな不動産会社を選び、仲介を依頼したのです。

成約実績が高いだけでなく、投資用物件の成約数を具体的に掲載しているところに好感が持てました。

きちんと数値を示している会社は対応が丁寧で、売却活動もマメにおこなってくれるのだと実感しました。

仲介を依頼すると売れるまで時間がかかるという口コミが多いようですが、青葉区の物件だけに予想より早く売れました。

こちらが要望した売値で決まったということもあって大満足です。

(30代・男性)

仙台市泉区でマンション売却をした方の口コミ

わたしの一人娘は大学への進学を機に上京し、そのまま大手の企業に就職することができました。

本社勤務が決まった年に良縁があり、社内結婚することになりました。

上の子を妊娠したときに一時帰郷したのですが、わたしの持病の経過をひどく心配していました。

結局、近くで暮らしたらどうかという娘の言葉に心を動かされ、泉区のマンションを手放すことにしたのです。

家内はもともと都下の生まれですので、そちらに新居を購入することには理解的でした。

不動産会社に現金買取を頼んだのですが、相場を調べておいたことが奏功し、安く買いたたかれることはありませんでした。

(50代・男性)

仙台市宮城野区でマンション売却をした方の口コミ

結婚を機に宮城野区にマンションを購入しました。

学生時代に住んでいた地域ですし、仙台港からの眺めが気に入っていたからです。

もともと地価が高いエリアのひとつですが、車で10分ほどの場所にプロ野球球団の本拠地ができ、付近にある中古物件の需要が高まっていると耳にしました。

知り合いの不動産会社に査定してもらったところ、売るならベストのタイミングだと言われ、売却を決めたしだいです。

息子たちも無事に就職できましたし、あとは家内と暮らせるようなシンプルな物件が見つかればいいと思っていたからです。

慣れ親しんだマンションは、プロ野球が大好きだという老夫婦に売れました。

お互いにいい取引になったようです。

(40代・男性)

仙台市若林区でマンション売却をした方の口コミ

若林区は愛着のある地域ですが、父の購入したマンションを売りに出そうと思いました。

両親が他界したことも理由のひとつですが、何より、長年連れ添った家内が車椅子生活になったためです。

もっと便利な物件に引っ越すべきだと考えた結果でした。

築年数が40年を超える物件だったので売れるかどうか心配したのですが、不動産会社の話では、若林区の中古物件は人気があるから大丈夫だということでした。

事実、子供が生まれたばかりの若夫婦に売れました。

青葉区よりも手ごろな価格で購入できるうえ、車があれば中心地へのアクセスは問題ない、というのが需要の高さを支えているようです。

(40代・男性)

仙台市太白区でマンション売却をした方の口コミ

長男が小学校に上がったとき、太白区にマンションを買いました。

わたしは県の職員なので県内全域が異動エリアです。

息子が小さかったときは引っ越しに付き合ってもらいましたが、さすがに小学生では可哀そうだと思いました。

妻と話し合った結果、マンションを購入することにしたのです。

その後は、3年に一度の割合で単身赴任生活をしました。

宮城県は広いので、通うことが難しい場所への異動も多かったのです。

太白区は自然が残っている地域で、子供を育てるには最高の環境でした。

わたしの退職と息子の結婚が重なったことがきっかけでマンションを売りに出しました。

息子夫婦との二世帯住宅を建てる計画です。

全国的に支店を持つ不動産会社に仲介してもらいました。

全国規模で情報を発信していることの強みでしょうか、購入したのは、わたしと同じリタイア組の夫婦でした。

田舎暮らしに憧れているけれど、あまり不便な場所は嫌だというニーズにぴったり合っていたとのことです。

(60代・男性)

石巻市でマンション売却をした方の口コミ

石巻市は生まれ育った街です。

わたしが生まれたころに両親がマンションを購入し、ずっとそこで生活してきました。

いろいろな意味で転機になったのは東日本大震災でした。

津波の影響はもちろん、がけ崩れによる道路の寸断や線路の崩壊などで不便を強いられました。

大規模な被害を受けたことから地価は下落しましたが、復興需要の高まりが窮地を救いました。

予算がつき、仕事が増え、雇用が生まれ、新しい家やマンションも建ちはじめたからです。

わたしの自宅マンションも相場以上の値がついたことから、父が売りに出しました。

石巻市は、仙台市に比べればマンション市場が活発だとは言えません。

それでも、今後の地価の上昇に期待しているためか、投資物件として購入する人は増えているということでした。

不動産会社の担当者が説明していたとおり、マンションはひと月ほどで売れました。

(30代・女性)

宮城・仙台のマンションをスムーズに高く売ろう

宮城・仙台でマンションを売るなら、震災復興という流れに乗って査定相場が上昇している、という特有の状況も踏まえた売却準備をすることが肝心です。

そうすれば、現実的な売値を設定して売れ残りを防ぎ、安く買いたたかれることを回避できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

実家買取で売れない空き家を現金化!処分にお困りの方におすすめ
売れない古い実家は、業者に直接買い取ってもらうのがおすすめです。今回は、買取のポイントや注意点を詳…
家の売却では火災保険をいつ解約する?残りの保険料は戻ってくる?
家の売却時に火災保険はどうすれば良い?途中解約の必要性は?残りの保険料は返ってくる?今回はそんな気…
築浅の家を売却するポイント
築5年以内というような築浅の家は、一般的に不動産売却では有利と言われています。ただ、理由を疑われて…
マンションの売却期間は平均3~6か月!早く売るにはどうすればいい?
マンションの売却期間は値下げを行う、売却から買取に切り替えるといった方法を取ると、短縮できる傾向に…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…