TOP > マンションを高く売る > マンション売却で高く売れる時期

マンション売却で高く売れる時期

このエントリーをはてなブックマークに追加
青空とマンション

不動産を売却する際の最適な時期に関しては、1年間いつ売り出しても変わらないという人と、特定の時期に売り出すべきだという意見の人に分かれます。

実際、わずかな差ではありますが、売却しやすい時期は存在すると言われています。

この記事では、マンション売却の最適なタイミングについて解説します。

マンション売却の需要が高いのは転勤や入学時期の前?

マンションの購入希望者は、一般的には9~11月と1~3月の時期に多く現れる傾向があります。

秋には転勤などの人事異動が、冬には入学、入社の準備があるので、これは需要が高まるきっかけになるんです。

逆に、売出しに向いていないのは、ゴールデンウィークなどの大型連休中。

物件情報は新着で世に出た時が最もアピール力があるので、売り出した当日に人目に触れる割合が少ない時期はなるべく避けましょう。

→マンションの売却期間を早めるポイント

基本的にマンションの需要は通年変わらず

マンションの売買は、以前は情報が少なく、購入の流れや契約方法を知っている人もごくわずかでした。

現在はネットにより多くの情報が検索できるので、不動産取引は準備期間が長くかかる事を多くの人が知っています。

そのため不動産購入希望者は時期に限らず、長いスパンで物件情報をチェックしています。

わざわざ秋や冬を待って売り出すよりは、築年数が若いうちに売り出した方が早く売れる可能性は高いでしょう。

住宅ローンの低金利を受け賃貸居住の売却希望者が増加

2016年に日銀がマイナス金利を導入したことにより、住宅ローンは現在かなり低金利になっています。

その影響から、賃貸マンションの居住者も購入を検討するようになりました。

この場合、購入者はわざわざ新居を購入する必要がないので、長いスパンで自分の条件に合う物件を探していきます。

こうした人達の目に、自分が売り出した物件が留まる確率は多くはありませんが、良い物件が立て続けに売れ、市場の中で優位になった時などは大きなチャンスです。

現在のこうした傾向を見ても、やはり時期を読みすぎずなるべく早くマンションを売り出すのがベストな選択でしょう。

売れやすいのは2020年まで?

東京オリンピックがある2020年を過ぎると、マンション売却市場は大混乱するのと予測されています。とにかく早く売った方が良いと考える方が多いです。

たしかに東京オリンピックに向け、大規模な整備を行おうという動きが活発になっていますが、それがマンションの売却にどのような影響を与えるのでしょうか。

2020年以降は人口が減少

2020年までは、不動産関連も順調に伸びていくでしょう。

新しいマンションの建設も多く行われ、東京周辺は特に活況となるのではないでしょうか。

しかし、オリンピックが終わった後は、注目が落ち着くだけでなく、人口が今よりも大きく減少し始めるといわれています。

住宅ローンの審査には、年齢が大きく影響しますが、マンション購入の適齢年齢層も2020年を過ぎると20%近く減少すると考えられています。

このように、東京オリンピック、30、40代の人口減少を受けて、不動産売却を巡る環境は今後大きく変わります。

マンションをいずれ売りたいと考えているのであれば、その時期までに売ってしまった方が無難です。

マンション市場は飽和状態?

戦後からこれまで、日本の総住宅数は増え続けています。

しかし、その一方で人口は増えておらず、現在1000万戸近くの空き物件があると言われています。

現在もこうした飽和傾向は強いですが、前述の通り、2020年前後は建設ラッシュと人口減少が重なるので、より飽和状態に近づくでしょう。

そのような場合、マンションの価値は全体的にどんどん下がっていってしまいます。

人口減少は、今の所改善の見通しがないので、やはりマンションは早めに売ってしまうのが得策です。

税率が上がる前に売るのが吉

2015年に相続税が変わり、空き家の固定資産税の課税方式が変わりました。

消費税が2019年に10%に上がると言われている事から考えても、各種税金は今後さらに上がっていくでしょう。

以前は、親心で家を子供に残すといった事がありましたが、これからは、こうした相続をしても住むことがなければ維持費により損しかしないので、放出される土地の激増が予想されます。

マンションを相続して子孫に残すことを考えていた人も、いっそ売却した方がお得かも知れません。

マンション売却は時期を考えず早めに行う

これまではマンションをはじめ、不動産の売却開始に適しているのは秋や冬と言われていました。しかし今は将来の状況を鑑みると、とにかく早く売り出す事が得をするコツのようです。

とはいえ、これほど高額な取引を焦って行うことは大損にも繋がりかねません。

一般的に不動産売却は3~6ヶ月は最低でもかかると言われているので、売り出しが遅れたからといって、急いで値下げをしても効果はあまりないでしょう。

売り出しから、最善、最短でしっかりと売却する事を目指すのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却時にかかる諸費用をシュミレーション!
不動産売却で入る利益は、諸費用が引かれることを想定して計算しなければなりません。特に、費用の中でも…
今話題の買取再販って?メリット・デメリットを解説
不動産の買取再販が、不動産取引の新たなトレンドとなりつつあります。これは、マンションを業者が安値で…
売れない家を高額・短期で売却させるコツ
家が売れない原因としては、大きく分けて価格、物件の内容、業者の3つが考えられます。原因を分析し、対…
相続した土地を売却する際の注意点
相続した土地を売却する際には、通常の売却と大きな違いはありませんが、相続税と相続登記費用がかかる点…

おすすめ・特集記事!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…