TOP > 一戸建てを売る > 一戸建て査定を匿名で依頼!おすすめの匿名サイトと匿名査定の注意点

一戸建て査定を匿名で依頼!おすすめの匿名サイトと匿名査定の注意点

【更新日】2019-12-03
このエントリーをはてなブックマークに追加
一戸建てを匿名査定

不動産を売るにはまず査定をする必要がありますが、一戸建ての査定を考えている場合、不動産業者に名前を知られたくない方もいます。

そこで名前を教えるのが不安で査定の依頼をためらっている方のために、一戸建ての査定を匿名でできる方法を説明します。

また、匿名で査定ができるおすすめのサイトや、匿名査定をする場合の注意点なども合わせて紹介していきます。

一戸建ての査定方法を解説!価格が決まる要素はたったこれだけ!

一戸建ての匿名査定におすすめのサイトを厳選紹介!

一戸建ての査定をしてくれるサイトはたくさんありますが、名前などの個人情報を教えないと査定ができないサイトから、匿名でも査定をしてくれるサイトなど様々あります。

ここからは匿名で査定をしてくれるサイトを詳しく紹介していきます。

不動産査定は匿名で依頼できる!個人情報不要の匿名一括査定サイトを利用する際の注意点

匿名でも査定してくれるサイトはこちらです。

  • ライフルホームズ
  • HowMa(ハウマ)
  • 10秒でDo!

ライフルホームズ

ライフルホームズは大手の不動産総合サイトで、扱っている物件の数も900万件を超えます。

ライフルホームズの特徴は、「匿名で簡易査定を依頼できる」「個人情報の取扱いを徹底」「不動産会社の情報が豊富」です。

匿名で依頼できるので、名前を知られずに査定価格を知ることができます。

また、依頼する不動産会社の詳細な情報を見て査定を依頼できます。

匿名で査定依頼をする場合は、電話番号やメールアドレスを入力する必要がありますが、不動産会社には送信されないため、不動産会社からのしつこい営業や勧誘の電話などを防げます。

ライフルホームズで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

会社名 株式会社LIFULL
本社所在地 東京都千代田区麹町1-4-4
設立 1997年3月12日

HowMa(ハウマ)

HowMa(ハウマ)はAIを使った無料不動産査定サイトです。

HowMa(ハウマ)の特徴は、「匿名で査定できる」「AIが査定してくれる」「簡単に価格調査ができる」です。

匿名で査定ができるため個人情報を教える必要が無いだけでなく、売主以外の人でも価格調査ができます。

例えば気になる物件があり、その付近の不動産価格を知りたい場合はAIが査定額を算出してくれます。

AI不動産査定のHowMa(ハウマ) を実際に利用した方の評判・口コミ!精度は本当に高い?

会社名 株式会社コラビット collabit inc.
本社所在地 東京都港区芝浦1丁目13−10 第3東運ビル 8F
設立 2011年6月16日

10秒でDo!

10秒でDo!は10秒で査定ができるアプリです。

10秒でDo!の特徴は、「10秒で査定できる」「AIが査定額を算出」です。

簡単な入力だけで10秒すると結果が分かり、AIが過去の不動産売買のデータをもとにして買取価格を表示してくれます。

会社名 株式会社 ハウスドゥ
本社所在地 東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館17F
設立 2009年1月

匿名で一戸建ての査定相場をチェックする方法!

一戸建ての査定相場は知りたいけれど個人情報を入力するのに抵抗を感じるなら、匿名で査定をすれば問題ありません。

匿名であれば名前が不動産会社に漏れる心配がなく、仮に登録時に不動産情報サイトに電話番号などを入力しても、不動産情報サイトは査定をしてくれる不動産会社に情報を伝えることはありません。

それでも自分の個人情報を一切入力したくないなら、他の手を使って査定相場をチェックする方法があります。

①不動産ポータルサイトの売出物件情報をチェック

不動産ポータルサイトは、全国の物件を扱っていて売出し中の物件情報を随時公開しています。

会員登録をする必要が無く、個人情報を入力しないで様々な物件をチェックできます。

自分の情報を一切入力しないため、個人情報を入力するのに抵抗を感じる人でも安心して利用できます。

こういった不動産ポータルサイトはたくさんあるので、ひとつのサイトだけでなく複数の不動産ポータルサイトをチェックすることで、より正確な査定相場を知ることができます。

地域・築年数・面積が似た物件を参考にする

不動産ポータルサイトを使って一戸建ての査定相場を知りたいなら、自分の物件と似た物件を比較するとより正確な査定相場が分かります。

具体的に比較するのは、「地域」「築年数」「面積」です。

場所によって不動産の価格に違いがあるため、「地域」を絞る必要があります。

また「築年数」や「面積」でも似た物件を探すことで相場の参考にできます。

まずは自分の物件がある地域周辺からチェックすると、参考になる物件が見付かる可能性があります。

取引事例比較法を使うのがおすすめ

取引事例比較法とは、簡単に説明すると自分の知りたい物件と条件が近い物件のデータを収集し、様々な要因を比較して自分の知りたい物件の価格を求める方法です。

具体的には地域要因や個別要因など、今まで取引された事例情報を元にして物件の査定相場をチェックできます。

また、売り急いでいて値段を安くしている物件や、投機目的の物件などを排除して評価するのでより正確な価格を求められます。

過去の取引事例データベースを活用する

査定したい物件の金額がどれくらいなのかを知りたいなら、過去のデータを調べるのもひとつの方法です。

過去にどの程度の価格で売買されているのかをチェックできるサイトもあるので、査定額の参考にできます。

また、年単位で価格を調べていけばある程度の価格の推移も見れるため、売りたい物件の価格が上がっているのか下がっているのかも分かります。

土地総合情報システムで直近5年間の取引をチェック

国土交通省が不動産市場の透明性を高めるために作ったのが、土地総合情報システムです。

この不動産の取引情報サイトである土地総合情報システムを利用すれば、取引価格や地価公示、都道府県地価調査などが閲覧できます。

不動産ポータルサイトで調べても売りたい物件価格が分からない場合は、土地総合情報システムなら情報量も多いため、知りたい物件の相場が分かる可能性があります。

また、直近5年間の取引をチェックすれば、正確な相場の流れを知ることもできます。

不動産ジャパンを使えば欲しい情報をすぐ取得できる

不動産ジャパンとは、公益社団法人である不動産推進流通センターが運営しているサイトで、不動産取引をサポートするために作られています。

不動産ジャパンの特徴としては、不動産会社が加盟する不動産流通の4団体の情報をひとつにまとめているため、多くの情報を調べることができます。

また、全国の不動産会社を探したり、今までの売買の事例や相場情報などを調べたりと、不動産に関係する様々な情報をすぐに取得できます。

他にも住まい探しの役立つ情報や不動産についての基礎知識など、不動産についての多くの情報を提供しています。

一戸建て査定を匿名で依頼するメリット

基本的に個人情報を入力しなければいけないようなサイトは、個人情報の漏洩に気を使っていてセキュリティ対策をしっかりとしていますが、万が一のことを考えると心配になる人もいるでしょう。

その点、一戸建ての査定をするときに、匿名で依頼すると様々なメリットがあります。

名前や住所など個人の情報を伝える必要が無いため、情報が漏れる心配がありません。

個人情報がもれない!しつこい営業の心配がない

不動産情報サイトにもよりますが、個人情報を入力して査定をするとその情報が不動産会社に伝わる場合があります。

不動産会社は物件を売りたい人の情報を入手すると、自社で売ってもらいたくて積極的に営業をしてくる可能性があります。

不動産会社によってはメールや電話などしつこい営業をする会社もあるため、最初から匿名で依頼できればそういった心配はありません。

何より一切情報が漏れないため、個人情報を保護しながら査定ができます。

査定結果が出るまでが非常にスピーディ

匿名で査定を依頼すると、場合によっては査定結果がスピーディーになるかもしれません。

入力フォームで詳細な情報を入力すると比較する項目が多くなり、それだけ時間がかかります。

しかし匿名などで簡単な情報だけを入力すれば、比較する項目がそれだけ少なくて済みます。

ただし、細かい情報で比較ができないため、査定結果がスピーディになる分、査定額の正確性が低くなる可能性があります。

AIが今後の価格予測までしてくれることも

AIを使えば今後の価格予測を教えてくれる場合があります。

AIは過去の不動産売買の情報をビッグデータとしてまとめていて、今後の推移を予測できるシステムを持っています。

そのため、査定したい物件の今後の予想価格が分かれば、売り時を知ることもできます。

例えば、今よりも2~3年すれば、不動産価格が値上がりする可能性があるとAIが予測してくれます。

100%正確というわけではありませんが、ある程度は参考にできるデータを提示してくれます。

できるだけ高値で売りたいのであれば、AIを使った価格予測も参考にするといいでしょう。

一戸建て査定を匿名で依頼する時の注意点

一戸建ての査定を匿名で依頼するメリットは多いですが注意点もあります。

個人情報を伝えないということは、査定をする不動産会社は限られた情報のみで査定をしなくてはいけません。

そのため、実際に見て査定するよりも価格に違いが生じる可能性があるので、注意点も理解したうえで査定を依頼すると、後で後悔することが少なくなります。

全ての地域に対応している訳ではない

全国すべての地域を対象として査定をしてくれるわけではなく、不動産情報サイトにもよりますが、査定をしてくれる地域に限りがあります。

不動産会社も得意な地域とそうでない地域があり、依頼した地域の情報が少ない可能性もあります。

その際は自分の物件の査定ができるまで、複数のサイトを利用してチェックするしかありません。

一戸建ての内部まではチェックできない

ホームページなどを使って匿名で査定を依頼する場合、査定する物件を直接見ているわけではありません。

本来は土地と建物の総合的な査定になるため、一戸建ての内部が予想以上に老朽化していると直接物件を見て査定をしてもらったら、匿名で依頼した時よりも査定額が下がってしまったり逆に状態がよければ上がったりする可能性もあります。

不動産会社はその地域の土地や築年数などで査定額を算出するので、査定額に多少の誤差が生じる恐れがあります。

連絡ができない分申し込み内容の補足ができない

匿名での査定ができるサイトは、申し込みやすさを重要視していてフォームに入力する項目がシンプルです。

必要最低限の情報を入力するだけで済むため、登録する分には簡単でしかも個人情報を教えないので便利です。

しかし、非匿名のサイトなら、仲介先の不動産業者が電話やメールなどで詳しい不動産の情報を聞き出してくれるので、より正確な査定ができます。

これが匿名での査定だとアバウトな査定額になってしまいます。

そのため、営業電話=100%悪とは言えず、より詳しい査定額を知りたいなら非匿名のサイトを利用する方法もあります。

匿名査定をしても一戸建てを売ることはできない

匿名ですぐに査定ができるのは個人情報の漏洩の心配もないし、手軽に査定額を知れるので便利です。

しかし、一戸建てを実際に売るとなると、直接不動産業者を利用して正確な査定額を算出する必要があります。

不動産会社も物件を一切見ずに細かい査定はできないので、匿名でできるのはアバウトな査定額を知ることだけです。

最初の段階でなんとなく査定額を知りたいだけなら、匿名で査定ができるサイトを利用してもいいですが、実際に売るなら不動産会社との直接のやり取りが必要になります。

一戸建て売却は必ず査定→契約→売出しの手順を踏む

一戸建てを売却するなら、「査定」→「契約」→「売出し」の手順を踏まないといけません。

「査定」では自動シミュレーションや不動産会社で査定額を決めて、その後実際に販売してくれる不動産会社と「契約」します。

そして「契約」が決まれば後は売出すだけです。

一戸建てを売却する上で手間がかかるのは、「査定」→「契約」の部分なので、「売出し」では不動産会社が中心となって営業してくれます。

売却までつなげたい方はライフルホームズの匿名査定がおすすめ!

ライフルホームズは不動産ポータルサイトとして日本でも最大級のサイトです。

しかも査定を匿名でできるので、個人情報が不動産会社に漏れる心配がありません。

登録している不動産会社も1,000社以上と、業界でもトップクラスです。

そのため、様々な不動産会社からの査定額を知ることができて、実際に売却をお願いしたい会社を探しやすくなります。

ライフルホームズは匿名での査定から不動産会社の選別、売却までの流れを一括して行えます。

気になる業者に売主から電話をかけられる

ライフルホームズは匿名での査定の段階では個人情報が知られないので、不動産会社に名前などがバレる心配がありません。

そのため、興味のない会社からのしつこい営業電話などをシャットアウトできます。

しかし、実際に売却までつなげるには、直接不動産会社と連絡する必要があります。

そこでまずはライフルホームズを使って匿名での査定を行い、複数の不動産会社に金額を提示してもらいます。

その後、査定額の高い気になる不動産会社があれば、その会社に直接電話連絡をしてその不動産会社と契約し、売出しをしてもらいます。

一戸建て査定の自動シミュレーションは活用次第で高額売却のカギになる

不動産会社によっては、低い査定額を提示される場合があります。

わざと低い査定額にしたわけではなく、その不動産会社の基準に当てはめると低くなってしまう恐れがあるということです。

最初から不動産会社に依頼すると、自分ではその査定額が適正かどうかが分かりません。

しかし、自動シミュレーションでの査定は、膨大な量のデータを使って査定額を決めるため、同じような一軒家の価格が分かります。

先に自動シミュレーションで査定をして、その査定額よりも不動産会社が提示した査定額が低いなら、その査定額を元にして不動産会社と交渉ができます。

一戸建てを売る!売却の方法・注意点を築4~10年の築浅住宅から築40年の築古住宅までケース別に解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

一戸建てを売るには何をすればいい?基本的な知識
一戸建てを売るにはまず何をすれば良いのでしょうか?詳しく解説していきます。
一戸建ては売る前提で買うべし!将来売れる戸建て住宅の選び方
一戸建ては売る前提で買うことがこれからの時代には求められます。今回は将来を見据えた戸建て選びのポイ…
一戸建てが売れない!売れ残る原因と対処法を徹底解説
一戸建てが売れない時の対処法を徹底解説!まずはなぜ売れないのかの原因を探り、改善することからはじめ…
一戸建て査定は無料と有料の2種類!無料査定のメリットと注意点
一戸建て査定には無料と有料の2種類があります。それぞれの違いを今回は詳しく解説していきます。

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…