TOP > 土地を高く売る > 土地の売買で起こるトラブルを未然に防ぐポイント

土地の売買で起こるトラブルを未然に防ぐポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
土地売買のトラブルイメージ

土地の売買において、あなたの希望価格で売却ができたとしても、後になって買い主とトラブルが起こってしまうことは少なくないので、避けたいですよね。

場合によっては売りに出した側が違約金として大きなお金を支払わなければならないこともあるのです。

そのような事態を避けるためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

土地売却で損しない方法

土地を売買する前に確認しておきたいこと

全国の不動産取引に関しての苦情は約1500件にのぼります。

では、いったいどんなことに関して多くのトラブルが発生してしまっているのでしょうか。

ここではトラブルを回避するために注意すべきことを紹介していきますので、これから土地の売却を考えている方や、購入を考えている方は参考にしてくださいね。

土地を売却できるのは所有者本人のみ

土地の売却について、親族で話し合うということも多いと思うのですが、実際に売却手続きをおこなえるのは所有者本人となっています。

だれが公的な所有者になっているのかわからないという方は、不動産登記簿に名義が記されているので、役所などで確認しておきましょう。

相続などで受け取った土地については、名義の変更がなされていない限り、売却することができないので気を付けましょう。

相続された土地は登記簿に記されている名義を変更しなければなりませんので、相続を受けた際は早めの対応を心がけましょう。

土地の購入を考えている方も、購入の際に売りの名義について確認しましょう。

土地の境界ははっきりさせておこう

土地の境界については、売却後、購入後にトラブルが起きてしまうことが多いです。

どこからどこまでが取引する土地の範囲であるのかしっかり確認しておきましょう。

よくあるケースとして、購入後に土地が隣接している方と土地の境界についてトラブルになってしまうケースなどがあります。

こうなってしまうと、売却側は境界をはっきりさせていなかった責任を問われてしまいますし、購入した側は隣接する方と協議することになってしまいます。

このようなトラブルを前もって回避するために、前もって測量士に土地の境界を測量してもらうことをおすすめします。

公的な書類がスムーズに売買を進めるうえで大切になりますよ。

購入を検討している方は境界について契約前に確認しましょう。

不利になることでも明らかにしよう

これについてはなかなか難しいのですが、売却・購入に際して相手に伝えづらいことでも先に伝えておくことが大切です。

たとえば、

  • 夜になると電車やトラックの音がうるさい
  • 隣の方が少し変わった人である
  • 土地の状態があまりよくないので、建物を建てる際はそこから改善することになる

などは前もって伝えておくことでトラブルを避けることに繋がります。

特に購入者は、購入後に例に挙げたような不備が発覚しても泣き寝入りすることになってしまうかもしれないので、必ず購入前に確認しておきましょう。

売却者は、値段に関わることでも先に伝えておくことで、あとになって違約金を支払うことや販売価格の値下げといった事態を避けられますので、言いづらくても伝えておきましょう。

土地売買の後に確認しておきたいこと

土地の売買に際し、前もって準備をした結果、契約につながったからといって安心してはいけません。

売買後の確認を怠ってしまうことで、契約が無効になってしまったり、値段が変更になってしまうこともあります。

このような事態を避けるために注意しておきたいことがいくつかあるので紹介しますので参考にしてくださいね。

引き渡し日は守らなければならない

契約後に引き渡し日を早めたい、送らせてほしいという場合、勝手に変更してはいけません。

これは契約内容を無断で変更してしまうことになってしまうので、勝手におこなうと契約自体がいったん白紙になってしまうことに繋がる危険性があります。

もしそのような希望を受けたり、伝えたい場合がある際は、契約を仲介してくれている業者に一度相談しましょう。

契約についてあれこれ動いてくれている存在ですので、伝えることで柔軟に対応してくれたり、アドバイス・次の方法を考えてくれますよ。

こういう場合のためにも仲介業者がいるので、信頼して頼りましょう。

契約書にはしっかり目を通そう

契約の場で聞いたことと契約書の内容が間違っている場合を考え、契約書は確認しておきましょう。

なかなかないことではありますが、万が一契約書の内容が間違っていることに気づかずに土地に関して何らかの手続きをしようとする際に、スムーズに手続きがおこなえなくなってしまいます。

売却側も、購入側も契約書の内容については必ず確認しましょう。

土地売買のトラブル回避には確認作業が非常に大事

ここまでトラブルを引き起こさないために注意することを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ほんの少しの気遣いでトラブルを回避できると感じられたのではないでしょうか。

ほんのささいなことで、大きなトラブルを避けることができまので、これから土地の売買をお考えの方は参考にして、実行してみてください!

※土地査定・売却の基礎知識・コツ・流れはこちらに詳しくまとめています!

土地を査定する流れ・ポイント!価格相場は?ネットから申し込める?

土地を高く売る方法!いらない土地は国や自治体に売却できるって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却後の固定資産税はどう精算・納付する?
不動産売却を行った後も、引き続き売り手には固定資産税を納める義務があります。しかし、慣習としては引…
マンション売却時に床は綺麗にすべき?
マンション売却時に床の補修をするかどうかは、築年数や欠損の程度によっても変化します。補修をしないメ…
家を売却する前に住み替えの流れをチェック
家を売却する際は、住み替えのシミュレーションを行っておく必要があります。特に、新居購入と、今の家の…
不動産売却で送られてくる手紙の正体
不動産売却を検討しているときに業者から手紙がくることがあります。また、不動産の購入を検討もしていな…

おすすめ・特集記事!

【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…