TOP > 土地を高く売る > 土地を分筆して売却する方法と注意点をわかりやすく解説!

土地を分筆して売却する方法と注意点をわかりやすく解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
土地を分筆して売却する方法と注意点をわかりやすく解説!

土地の面積が大きく、用途によっては一部が余るなら、いらない部分を切って売れればお得ですよね。

特に土地を相続する場合は、一部を売却して納税するケースがよくあります。

この土地を半分に分けることを分筆と言いますが、土地の分け方には定められたルールがあり、誰でも勝手に出来るわけではありません。

今回は土地の分筆の方法・注意点を徹底解説していきます!

土地の合筆についてはこちら!
土地の合筆は自分でおこなうべき!費用はどれくらいかかる?

土地売却前に知っておきたい筆(ふで)という概念

練馬の路線価

土地には地番という番号が割り振られています。

自分の土地が何番かは法務局に行けば確認できますが、1つの地番が及ぶ土地のことを1筆(ふで)と言います。

家の敷地などは見た目上は1ブロックの土地に感じますが、公図で見ると2筆以上に分かれている場合もよくあります。

固定資産税は1筆ごとにかかる

不動産は所有しているだけで固定資産税がかかりますが、これも1筆ごとに課されます。

課税額は必ずしも面積に応じて変動するわけではないので注意しましょう。

土地を物理的に分割したいなら分筆が必要

土地を手放さずに一部を売りたいなら、土地の所有権を50%分誰かに売るという方法もあります。

この場合、固定資産税の納税は権利を買った人に移りますが、物理的に土地の半分を売ったわけではありません。

1筆の土地を2筆分に物理的に分けることを、分筆と言います。

ただ、土地の評価は路線価を参考につけられるので、面積をただ半分にしても価値は半分になりません。そのため、分筆には注意が必要です。

土地を分筆する注意点!接道のチェックを忘れずに!

土地の分筆で注意したいのが、接道です。

接道は字の通り道路に接しているかどうかという意味です。

建築基準法では、以下のように接道義務が定められています。

・敷地は原則、道路幅員が4m以上の道路に間口が2m以上接していないと建物を立てることができない

この規定は(準)都市計画区域に適用されますが、一般的な住宅地ならほぼこの接道義務が当てはまります。

都市計画区域・市街化調整区域とは?特殊な土地売却のコツをわかりやすく解説!

土地の切り方で価値は変わる

上図は、土地を 3パターンの方法で切ったときの実例です。

一番左の切り方はかなり不自然に見えますが、住宅地としてはこれが正解です。

真ん中の切り方では横幅が狭すぎて、住宅を立てられない可能性が高いです。

論外なのは一番右で、土地Eが接道義務を満たしていないため認められません。

Aのような形の土地は旗竿地と呼ばれ、使い勝手は悪いですが建築条件を満たしているので、もともと相場の高い高級住宅地などに良く見られます。

税金対策として、分筆した土地Bを売却し、旗竿地Aに住み続けるのです。

土地の分筆では測量・境界確定が必要

土地を分筆するためには、まず土地全体の境界が確定していなければいけません。

土地の境界が確定しているかどうかは、境界の確認書があるかどうかで決まります。

もし確認書がなければ、土地家屋調査士に頼んで測量をしてもらう必要があります。

土地を売る時は測量・境界確定が必要?測量費用・流れを徹底解説

ただ、測量申込から境界確定までは平均3、4ヶ月もかかります。

特に近隣関係があまり良くない場合は、測量中にトラブルが起き、1年以上かかる可能性もあるので注意しましょう。

土地の境界トラブルの原因と解決法をご紹介!

土地境界の確認書類にはさまざまなタイプがあるので注意

土地境界が確認できる書類は、担当業者や作成時期によってさまざまな名前がついています。

  • 確定(〇〇)図
  • 筆界確認書
  • 境界確認書

上記のような、確定・確認と名前のついた書類なら、境界の証明に利用できます。

一方、実測図、測量図といった図面は証明に利用できないので注意しましょう。

また、官民立ち会い測量の場合は確認書が作成されず、道路査定図などという役所保存の書類が証明書類として使われます。

不動産会社に業者を紹介してもらうポイント

土地家屋調査士は街なかにも事務所を構えていますが、そこが測量申込の窓口となっていないこともあります。

彼らのほとんどは不動産会社と提携しているので、測量を頼みたかったらまず不動産会社に相談してみるのがおすすめです。

ただ、不動産会社は贔屓の調査士しか紹介しないことが多いので、なるべく複数の調査士を紹介してもらうよう言いましょう。

土地をどう分筆するかで固定資産税の支払いが下がることもあれば上がることもあります。そのため、建築基準法や固定資産評価に精通している土地家屋調査士を選ぶのが重要です。

境界が確定したら分筆登記をおこなう

分筆をするには、分筆登記という手続きをおこないます。

分筆登記は、管轄の登記所へ以下の書類を提出します。

  • 分筆登記申請書
  • 土地境界の確認書類
  • 地積の測量図

分筆をしたら土地が新たに1つ増えるわけなので、その土地の権利関係を整理する必要があります。

分筆登記をしないと分筆前の課税額を払い続けることになりますし、一部を売却することもできません。

分筆登記の流れ・かかる時間

分筆登記は土地家屋調査士がおこなってくれるので、土地の権利者が手続きすることはありません。

土地測量後の分筆登記の流れは、以下の通りです。

  1. 書類・図面の作成
  2. 登記所へ分筆登記申請
  3. 登記済証などを受領
  4. 権利者の受け取り

分筆登記申請から、登記済証の受け取りまではだいたい1週間かかります。

土地の分筆はリスクも大きい!不動産会社にまずは相談を

土地は分筆の仕方次第で、無価値になってしまうこともあります。

プロである土地家屋調査士に任せれば問題ないと考える方も多いでしょうが、それは大きな間違いです。

土地家屋調査士 不動産会社
土地の分筆作業 不可
最適な分筆方法の提案 不可

土地家屋調査士はあくまで分筆の作業を担う専門家であり、土地の分け方についてのアドバイスなどはおこなえない場合が多いです。

一方、不動産会社は、作業自体はできませんが、節税や高額売却の面から最適な分け方の提案をすることはできます。

土地の分筆を検討している方は、まずこちらで紹介しているような不動産会社に相談してみるのがおすすめです!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較

※土地査定・売却のコツはこちらで紹介!
土地を高く売る方法!いらない土地は国や自治体に売却できるって本当?
土地を査定する流れ・ポイント!価格相場は?ネットから申し込める?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

【2018年】不動産一括査定サイト33社を比較!評判・口コミで選ぶ最新おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
不動産売却の検討時にdm(業者広告)が来るのはなぜ?
不動産売却を検討していると、dmと呼ばれる業者広告が届くことがあります。登記簿を見ると売り時の不動産…
相続した不動産売却の流れをわかりやすく解説!
相続された不動産は、放置していると固定資産税がかかってしまいます。物件は年数が経つと価値が下がるの…
ペットを飼育していたマンションは高額売却しにくい?
今までペットを飼育していたマンションを売却する場合、においやひっかき傷には注意が必要です。売却を見…

おすすめ・特集記事!

【2018年】不動産一括査定サイト33社を比較!評判・口コミで選ぶ最新おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…