TOP > 空き地 > 売りに出てない空き地を買いたい!どこに問い合わせればいい?

売りに出てない空き地を買いたい!どこに問い合わせればいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
売りに出てない空き地

新居の敷地候補を探していて、ちょうど良い立地・面積の空き地を見つけたとします。

ただ、その空き地が売り出し中でないなら、購入することは原則できません。

ほとんどの人はここで購入を諦めてしまうのですが、やり方次第では売られていない空き地も購入することはできるのです。

ここからは、売りに出てない空き地を買うにはどうすれば良いのか詳しく解説していきます。

空き地を失敗せず売る方法!売却のコツから税金対策まで完全網羅

条件の良い空き地が売りに出てない!その理由は?

アクセスが比較的よく、買い手の付きそうな空き地が売りに出てないケースは良くあります。

かといって所有者が管理・活用している形跡もなく、何のために放置されているのか気になってしまいますよね。

こうした空き地が売りに出てない背景には、どんな理由があるのでしょうか?

買った時より価値が大幅に下がってしまった

田舎などで良くあるのが、「購入当時は一等地だったものの、今は相場が落ちているので再び相場が上がるのを待っている」というケースです。

今後は少子高齢化や地方の過疎化が進むため、相場が戻るかどうかはかなり疑問が残りますが、古くから関係の深い不動産屋などの差し金でこうした作戦をとっているのかも知れません。

空き地所有者が高齢や遠方在住

空き地の所有者が高齢者のため管理や処分に手が回らないというケースもあります。

古くからの空き地は国や自治体でも誰が今の正統所有者か分からないくらいですから、まさか自分が管理すべき空き地だったなんて夢にも思ってなかった…というケースもあります。

また、都市部で働く若者が田舎の空き地を相続したものの、仕事のために管理・処分をおこなえないケースも考えられます。

こうした人に対しては、購入希望者が自分から働きかけることで取引できる可能性もあります。

気に入った空き地が売りに出てない!まずなにをすべき?

せっかく気に入った空き地が売りに出てないとしても、諦める必要はありません。

では、まずはなにをすべきなのか初心者にも分かりやすく解説していきます。

法務局で登記簿をとる

その空き地の詳細情報や管理関係は、全て登記簿謄本(登記事項証明書)に記載されています。

登記簿謄本は管轄の法務局に保管されており、所有者以外もお金を払って自由に閲覧することができます。

ネットでの閲覧も可能なので、まずは法務局のWEBサイトをチェックしましょう。

空き地の所有者に問い合わせて交渉する

空き地の所有者に直接問い合わせて交渉するという方法もあります。

例えば、もともと空き地がお店屋さんで、そこの番号を知っているのであれば、所有者に繋がるかもしれません。

ただ、関係性が全くないのにいきなり売ってほしいといえばトラブルに巻き込まれるかもしれません。

まずは不動産屋などに相談することをおすすめします。

最寄りの不動産会社に相談する

こういった手続きは、最寄りの不動産屋が窓口になってくれることが多いです。

特に地方の場合は不動産屋が地主・名主であることも多いため、彼らに託したほうがスムーズでしょう。

ただ、不動産会社の仲介のもと取引をすると、高額な仲介手数料がかかってしまうのが難点ではあります。

不動産売却の仲介手数料はいくらが相場?なぜ払うの?根拠・計算方法

空き地所有者が了承したらすぐ購入してOK?

空き地の所有者を調べたところたまたま知り合いで、快く売却を了承してくれたとします。

買主としては嬉しい限りですが、ここで焦って売買をすると大きなトラブルが起こりかねません。

ここからは、売りに出てない空き地を購入する際の注意点を紹介していきます。

空き地の個人売買にはリスクもあるので注意

不動産会社を間に挟んだ不動産売買を仲介売買というのに対し、業者を挟まない取引を個人売買と言います。

個人売買は仲介手数料がかからずお得ですが、買主も売主も不動産の素人同士なので注意が必要です。

必要書類の入力・作成などはマニュアルを見ながら出来ますが、複雑な宅建業法を素人が短期でマスターすることは出来ません。

知らずに法を犯している可能性も十分あるため、コストがかかっても業者に依頼するほうが安全でしょう。

不動産・土地を個人売買する手続きの流れ!デメリット・注意点

現行の建築基準法に引っかかる恐れも

空き地にかつて建っていた建物と同じくらいの建物を今新築できるとは限りません。

なぜなら、建築基準法は時代によって頻繁に改正されているからです。

今は立て壊さなくてもOKなものの、今ふたたび同じように新築するのはNGという物件を再建築不可物件といいます。

こうした空き地を焦って購入すると損をするので注意しましょう。

境界がきちんと測定されているかチェックする

長年放置されていた空き地は、近隣との境界線があいまいなケースも多々あります。

境界線があいまいな場合は登記簿に記載されている面積を利用しますが、実測面積と異なる場合はどちらか一方が損をしてしまうので、注意しましょう。

新居を建てる際も敷地をキチンと測定されていないとトラブルを招くもとになります。

土地を売る時は測量・境界確定が必要?測量費用・流れを徹底解説

売りに出てない空き地も購入は可能!ただミスしないよう注意

ここまで紹介した通り、「売土地」と看板の立っていない空き地でも購入することは可能です。

ただ、イレギュラーな不動産取引であるため、トラブルが起こる確率は高くなってしまいます。

事前に基本的な知識を最低限抑えておき、ミスが起こらないように注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンション売却は最後まで気を抜かない!引き渡し時の注意点
マンション売却は高額で売買契約を成立できれば成功だというわけではありません。物件の引き渡しにも準備…
土地の合筆は自分でおこなうべき!費用はどれくらいかかる?
土地の合筆にかかる費用や、手続きについて紹介しています。メリットやデメリットについても触れているの…
不動産売買契約書の書式・ひな形と作成時の注意点
不動産売却時に作成する売買契約書は、作る流れがあります。これを事前に知っておくと参考資料の準備など…
マンションの売却代金は現金で受け取れる?
マンションを売却した際に代金を現金で受領した場合、どのようにするべきかの説明です。

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…