TOP > 土地を高く売る > 土地売却にかかる時間はどれくらい?手続きはどのタイミングで始めるべき?

土地売却にかかる時間はどれくらい?手続きはどのタイミングで始めるべき?

【更新日】2018-10-22
このエントリーをはてなブックマークに追加
土地

土地売却の期間を早めるためには、さまざまな予想外のトラブルをいかに素早く処理するかが重要です。

不動産売却の期間は3~6ヵ月!短縮する方法はある?

特に、不動産取引は買い手があってのものなので,相手のスケジュール、要望に合わせた柔軟な対応が必要になります。

その一方で、予測できるようなトラブルについては事前に原因を取り除くことによって、回避が可能です。

では事前に予測できる事例としては、どのようなものがあるのでしょうか。

主な事例と、その解決法を説明していきましょう。

※土地の査定・売却のコツは、こちらに詳しくまとめています!

土地を査定する流れ・ポイント!価格相場は?ネットから申し込める?

土地を高く売る方法!いらない土地は国や自治体に売却できるって本当?

土地を売る時の17の注意点!高く売却したい方必読

土地の売却は時間がかかりがち!測量・境界測定を事前にしておこう

土地・建物を含む不動産の売却にかかる時間は平均で3~6ヶ月となっています。

ただ土地の場合、建物の売却に加えて、測量・境界測定をしないといけないので、より時間がかかってしまいます。

不動産売却の流れを査定から契約・決済・引き渡しまで一挙解説!

測量を申し込み、境界が確定するまで平均3~4ヶ月かかると言われているので、土地売却にかかる時間はトータルで6~10か月ほどかかると考えて良いでしょう。

意外にも、建物より土地売却のほうがずっと時間がかかるのです。

土地を売る時は測量・境界確定が必要?測量費用・流れを徹底解説

測量・境界測定を事前にしておき時間を短縮!

測量・境界測定はどんな土地もやっておくべき作業ですが、取得時から今まで一度もやっていない方が多いです。

なぜなら、土地の境界が曖昧だったところで罪に問われることはほぼないからです。

最新の測量結果がわからなくても登記簿に記されている昔の記録が適用されますし、フェンスなどで囲まれていればそこから境界がわかります。

ただ、売却の際には1㎡増減すれば、価格が数十万円変わるので、境界を明確にする必要があるのです。

いざ売却するとなると、他にも様々な手続きが必要になるので、売り出す前に測量を依頼しておくとスムーズですよ!

近所付き合いが良好なら早めに境界が確定しやすい

測量をおこなう際は、近隣のおうちに挨拶にいき、協力を仰ぎます。

測量業者が境界を決めた後は、近隣の方も一緒に確認作業をおこない確定となるので、土地売却は近隣の協力なしには終わらないと言ってよいでしょう。

土地の形状が複雑だったりすると、近隣の土地面積が減るような境界線の引き方をされることも良くあります。

それこそが正しい境界線なので仕方ないと言えば仕方ないですが、関係が良ければその分相手の承諾も得られやすく、土地売却がスムーズになります。

日頃からご近所付き合いは大切にしておきましょう!

土地の売却時間を短縮するには適正価格を付けるのが大切!

一般的に、長年住んでいる土地を売る場合の方が、相続された土地をすぐに売る場合よりも、売れるまでの期間が長くなると言われています。

→相続した土地を売却する際の注意点

理由としては、愛着があるせいで市場の相場より高い売り出し額を付けてしまうことが多いからです。

しかし、売り出した以上は、土地は商品という扱いになりますし、売り手は責任を持たなければなりません。

無料一括査定サイトを利用し、多くの業者からの査定額を集めたら、それがその土地の価値であると、真摯に受け止め、対策していく必要があります。

第三者が適正額だと思える価格が付いていることが、売却期間短縮の大前提となります。

同じ地域の土地にライバル意識を持とう

土地を売りに出す際に意識するべきなのが、同じ地域の土地の価格やデータです。

買い手からすると、まずは地域で絞り込みを行い、良いと思った土地を購入候補に設定します。

そのため、同地域の他のものに比べて魅力的であり、且つ価格が高くなければ、短期間で売れる可能性が高いです。

Webサイトで不動産を閲覧していると、日本全国の物件情報を見ることができます。

情報が多いせいで他県の人気物件などを意識してしまいがちですが、売り手のライバルはあくまで同地域の土地です。

同地域の土地が値下げをすれば、同様に行ったり、逆に強気の価格設定を意識したりと、ライバル意識を持っていくと良いです。

買い手の要望にはできるだけ応じるのが時間短縮のカギ!

汚染調査や地盤の調査など、買い手は交渉の中で様々な要望を出してきます。

このような要望を出された場合は、なるべく、それに応じることが期間短縮に繋がります。

買い手は、一生にあるかないかの大きな買い物を、さまざまなリスクを考慮して進めていきます。

そのため買い手から特に頼まれることがなくとも、客観的なデータを見せ、買い手に安全性をアピールすることは短期間で売却を行ううえでとても大切なことです。

また、こうした要望に応えていくことで、必然的に買い手とのコミュニケーション回数は増えていきます。

売り手がどういう人か知ってもらうことも、買い手の信頼性を上げるためには効果的です。

費用に関しては業者や買い手と相談

汚染調査や地質調査、古家の取り壊しなど、買い手の依頼に応えることは売却期間短縮の為に重要ですが、多額の費用がかかってしまいます。

もし、金銭面に不安があるという場合は、仲介業者へ相談をしましょう。

この際、素直に相談をしても高額出費を勧めるようであれば、仲介業者の見直しも考慮に入れましょう。

良心的な業者であれば、この際に一部の費用を購入額に上乗せし、買い手に負担してもらうといった施策を取るはずです。

短期間で土地を売却させたいのであれば、こうした要望にどう応えるかをはじめから業者と相談していると良いです。

売買契約前後のトラブルは売主の積極的な働きかけで防止しよう!

不動産売却時の売り手と不動産業者の話し合いは、第三者を挟まないので、どれほど正しい情報を共有しているかは分かりません。

しかし、いざトラブルが起きてしまった際は、売り手の責任が問われてしまいます。

このような状況を防ぐためにも、自らが土地売却に関する簡単な規則を学ぶ姿勢でいましょう。

道路に接する土地の面幅は2m以上必要

道路に接している面の幅は、2m以上確保しなければなりません。

しかし、細い通路の横にあるような土地などは、この基準を満たしていないことがあります。

これは、例えば隣から古い樹木などが生えていて、道路を狭めているといった場合も含まれます。

こうしたものを撤去してもらう場合も、道路の拡大工事を依頼する場合も、近隣の協力が不可欠になります。

近隣住民との仲をなるべく良好にしておけば、こうしたトラブルにもすんなり対処できます。

誠意ある対応も土地売却の時間を短縮させる?

土地売却の期間を短縮させるためには、予想外のトラブルや要望が来た際の対処法を準備しておくこと、また、そのようなトラブルが起きないように予防策を取っておくことが重要です。

不動産売却と聞くと、難しい用語をしっかり覚えておかなければトラブルが起こるのではないかと心配になりますが、それよりも買い手にとって親切ではないような対応や、情報を包み隠すといった行為が大きな問題になるケースが多いです。

買い手への思いやりを忘れず準備を行えば、大きなトラブルの防止になりますし、結果的に短期間での売却に繋がります。

土地の早期・高額売却を目指す方におすすめの一括査定サイト

不動産査定サイト

不動産を早く高く売った方のほとんどが、一括査定サイトを利用しています。

これは、所要時間60秒ほどのカンタンな申し込み情報の記入で、平均最大6社の不動産会社へ一括で査定依頼できる優れものです。

登録業者は以下のページで紹介されているような大手も多く、依頼料は完全無料です。

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較

これまでは、まず地域の査定・売却に対応している不動産会社を探して電話連絡をして相談日時を決定する。その後相談と査定依頼をして納得できなければ他の不動産会社に再び電話連絡する…というかなり手間のかかる作業をしていました。

一括査定サイトは地域を入力すれば査定対応業者が一覧で表示されるので会社探しの手間が省けますし、査定依頼すれば向こうから電話が来るので相談の手間も省けます。

このサービスを使うだけで、かなりの時間短縮になりますよ!

詳しい使い方とおすすめのサイトに関してはこちらにまとめてあるので、ぜひご覧ください!

【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

市街化調整区域は売れない?売却のコツをわかりやすく解説!
市街化調整区域の土地は、インフラが整っていないことが多く、売却が上手くいきにくいです。宅地であれば…
いらない田舎の土地を処分する方法!相続放棄より売却処分がおすすめ
いらない田舎の土地を相続してしまった場合、どう処分するのが正解なのでしょうか。今回は、土地の処分に…
土地売却時にかかる規制の内容
土地は他の不動産と違い、資産とは見なされていないといった理由で、売却時には規制がかけられます。全て…
土地を売った時の税金はいくら?税金の内容と節税方法
土地売却時にかかる税金は様々ありますが、その中でも、固定資産税、都市計画税、譲渡所得税は減税対策が…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…