TOP > 土地を高く売る > 土地を高く売るには簡単にできる5つのコツをチェック

土地を高く売るには簡単にできる5つのコツをチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
売り出しされる土地

土地の売却を検討している人の中には、中古物件の価値が0になってしまい、仕方なく土地のみを売ることにした人や、親から受け継いだ物件の相続税が高すぎて仕方なく売りに出した人などが多く、買い手はあまりポジティブな印象は受けません。

しかし、売却時の秘訣を理解しておけば、土地だけでも高く売却することが可能です。

土地を高く売るには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

土地を高く売るにはまず売却相場を知ろう

売却準備を行う前に適正な相場を知っておくことが、高く売る為には不可欠です。

一括査定サービスを利用する方法が最も簡単なので、まずはここから入るのも良いでしょう。

その他にも、周辺の売却されている土地を参考にするのも、相場を調べる賢い方法です。

土地は面積・形状・立地の違いによって金額差が出やすいです。

相場を調べる際は、売りたい土地のこの3つの項目をチェックして、似ている土地の価格を参考にしましょう。

→土地売却の相場を知るための5種類の評価額の違い

高額売却のための5つのコツ

土地を、より高額で売却するにはどうしたら良いのでしょうか。

基本的には、家やマンションを売る場合と変わらず、きれいにしておくことや、購入希望者に対して丁寧に対応することなどが挙げられます。

その他に、土地ならではのコツとして、以下の5点があります。

  1. なるべく情報を集める
  2. 地質や土壌の汚染調査を行う
  3. 土地の歴史を調べる
  4. 近隣の方との関係を良好にしておく
  5. 周辺環境の魅力を多く調べる

土地を高く売るには、これら5つのコツを抑えておくことが大切です。

1.なるべく情報を集める

広告情報を参考にするだけでは、購入希望者は土地の面積や環境しか知ることができません。

自力でできる作業といえば、現地調査や、役所で調べることなどに限られてしまいます。

多くの購入希望者は、地震の際の地盤の強度や、液状化がしやすいかどうか、境界線はどこに位置しているのかといった、売り手が調べなければ分からない情報を欲しています。

これらの情報は、外部業者に依頼しなければならず、費用がかかってしまうので、なかなか率先して行うのは難しいです。

しかし、こうした調査を地道にやっておくことが、高く売るには必要となってきます。

2. 地質や土壌の汚染調査を行う

もしも、引き渡し後に汚染が見つかった場合は、損害賠償を請求されてしまいます。

汚染の可能性がある場合は、必ず調査をしておきましょう。

以下の跡地や、周辺地であった場合は、汚染の恐れがあります。

  • ガソリンスタンド
  • 工場
  • クリーニング店
  • 焼却施設
  • 病院
  • 土壌汚染調査を依頼すると、実際の汚染の有無を教えてくれるだけでなく、処理も行ってもらえます。

    費用に関しては、どれくらい深くまで調べるか、どのような方法をとるかによって大きく変わりますが、15~25万円ほどが目安です。

    少し高いですが、こうした調査済みだと購入希望者の不安を払拭することができ、高額売却に繋がります。

    3.土地の歴史を調べる

    先祖代々利用していた土地というわけではない場合などは、どのような歴史を持っているか知らないと思います。

    また、祖父母から「ここは昔更地だった」と言われていたが、実は工場跡地だったということも少なくありません。

    閉鎖謄本、航空写真、古地図などを参考にすることで、地歴調査を行うことができます。

    しっかり調べておけば強気に価格をつけることが可能になりますし、購入希望者も安心します。

    4.近隣の方との関係を良好にしておく

    土地の購入希望者の多くは、新居を建てる場所を探しています。

    家を立てる場合は、これから大規模な工事を行う必要があるので、近隣住民がどんな人かも気になっているはずです。

    特に、小さな子どもがいる購入希望者などは、騒音に対する反応を気にしています。売り手がなるべく近所付き合いを良くしておけば、購入希望者に喜ばれるでしょう。

    また、土地の境界は普段あいまいになっている場合が多く、隣の家の庭の樹木がはみ出しているといったケースも少なくありません。

    こうした場合、隣人と仲良くしておけばすんなり除去依頼ができます。

    土地を高く売るには近隣者の協力が不可欠です。普段から意識しておきましょう。

    5. 周辺環境の魅力を多く調べる

    家やマンションなら、物件に魅力があれば、周辺環境に問題があっても目をつぶる人は多いです。

    その一方、土地は価格と同じくらい周辺環境が重要になってきます。

    物件の広さや間取りは変えることができないですが、周辺環境の良さは、長年住んでいる方にとっては見つけやすいものですし、第三者の評価とは別物なので、しっかりと考え、報告しましょう。

    これを行うと、購入者からの評価をが大きく上がります。

    費用はトータルで計算

    土地を高く売るには、測量や汚染調査、近所付き合いなど細かい工夫が必要不可欠だということを理解いただけましたか。

    しかし地質調査や汚染調査は、費用がかかるにも関わらず、明確な結果が見えにくいです。

    そのため面倒だと思う気持ちが勝ってしまい、そこまで工夫ができない売り手が多いのも事実。

    トータルで得をすることを目指して、徹底した準備を行いましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連する他の記事

    家の売却時にエアコンは外すべき?
    家やマンションを売却するときはエアコンは外さなければならないのでしょうか。外したほうが高く売却でき…
    不動産売却で利用するつなぎ融資を分かりやすく解説!
    先に今住んでいる不動産物件を売却して新居を購入した方が良く利用するつなぎ融資。住み替えに使えるつな…
    中古ワンルームの売却が難しい理由は?
    ワンルームマンションは価値が低いので、投資用として売り出す以外の場合は利益が出にくいです。そのため…
    マンションを高額売却!契約書で注意すべき事前チェック
    マンションを売却するときは、契約書の事前チェックを行うことをお薦めします。記載項目を調べることで、…

    おすすめ・特集記事!

    一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
    不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
    不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
    不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…